2015年12月13日

PCIシンプル通信コントローラ X200をWindows10 TH2 build 10586 クリーンインストール

X200_win10_IMG_0930_800.jpgThinkpad X200にWindows10 TH2 build 10586 クリーンインストールしましたが、PCIシンプル通信コントローラが不明なデバイスになっています。
こいつの解決が一番厄介でした。





まずは何のドライバか調べることから始めます。
デバイスマネージャーからPCIシンプル通信コントローラのプロパティを開き、詳細タブに切り替えます。
プロパティからハードウェアIDを選択してヴェンダーIDとデバイスIDを調べます。

X200_win10_PCI_driver.png

VENID:8086 DEVID:2A44だとわかりました。

これを手掛かりに調べると、インテルの何かだということがわかりました。

とりあえずはLENOVOのダウンロードセンターから最新のインテルチップセットドライバである、g1ic09wj.exeをダウンロードしてインストールしました。

X200_win10_intelcs_setup4.png

結果はNGです、PCIシンプル通信コントローラは不明のままです。

そこでデバイスIDの2A44から検索をしてみます。

Intel ME: Management Engine Driver for Intel 4 Series Chipset-Based Desktop Boards
インテルマネジメントエンジンが引っ掛かりました。
次はこちらを試してみます。

MEI_WOE_allOS_5.2.0.1002_PV.exeをダウンロードできました。こちらをインストールしてみます。

インストールできませんでした。

これで手詰まりかとおもいつつ、ググッていくとこんなものにたどり着きました。
http://pcidatabase.com/vendor_details.php?id=1302
0x2A44
Chip Number: Mobile 4 Series Chipset
Chip Description: IC658
Notes: .ftp://ftp.vaio-link.com/PUB/VAIO/ORIGINAL/ME%20DRIVER%20INTEL_4.0B_4.0.0.1105.ZIP

VAIO?と思いつつ藁にもすがる思いで使ってみることに…

このファイルを解凍して、デバイスマネージャ−からドライバーの更新をかけて解凍したフォルダを指定してドライバーのインストールを試みます。

ん…なんかX200が考えています。
なぁぁんと・・・ドライバーがインストールできました。

X200_win10PCI_driver_setup4.jpg

Intel Management Engine Interface だったのです。

いれたドライバの出どころ正体は曖昧ですが、とりあえずよしとさせてください。
結構くたびれました((+_+))

しかし、インテルマネジメントエンジンインターフェイスとは何をやってるんですかね。

posted by gold99 at 21:48| Thinkpad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのパソコンをみてみよう!!